今日から府議会が始まりました。早朝から京阪三条駅前で「高すぎる学費負担を解消しよう」と訴えました

いよいよ今日から6月議会が始まりました。
昨年2月の予算議会では、知事選挙前だったので骨格予算しか組まれていませんでしたが、6月議会で補正予算が提案されています。 そのなかには私たち共産党府会議員団が求めていた、「私立高校生350万円以下実質無償化」のために、学校負担を軽減するための予算1億2000万円も含まれています。 私学によって今回の補正を喜んで頂いているところと、しかしそれでもまだ学校負担が残ることについて、「半ば強制的に財政負担を強いるもの」と憤りをあらわにされているところがあります。 私たち日本共産党は「教育を受ける権利を保障する」立場から、学校負担をなくし、さらに対象者を拡大することを求めています。 6月議会でもまえくぼ議員が代表質問で、上原議員が一般質問で、私学の授業料の負担軽減について、質問します! 写真は朝の宣伝行動です。