2月17日 舞鶴に調査に行きました

 2月の一般質問の準備のために、地域包括支援センターに伺ったり医療機関に伺ったりしていますが、今日は生活保護の問題で舞鶴に行きました。

 

 共産党府委員会のNさんの運転で舞鶴に行き、伊田市議と合流し、生活保護の申請権の侵害を受け、京都府知事に審査請求を行ったYさん宅にいってお話をうかがいました。

 肝炎で仕事ができず、昨年の4月9日に生活保護を受けたいと市役所にいかれましたが、就労指導で追い返され、その後5回目に行ってやっと申請用紙が交付されたのです。

 その間予約していた診察をキャンセルせざるを得ない状況に陥り、薬も飲めなかったのです。 静かなものごしのYさんですが、元気なころは高給取りのサラリーマンだったそうです。 病気になり、資産を売却し、蓄えを使い果たし、最後に生活保護の窓口に行ったのですが、冷たく追い返されたのです。   初対面でいきなり突っ込んだお話を聞かせていただくのはどうかと思いましたが、快く応じていただきました。

 

 その後、舞鶴の生活と健康を守る会の春の集いに合流しました!!

 

  鹿肉のカレーライスや、ふきのとうのてんぷらなどの手料理をいただいて懇談。

 

  私の質問日は2月26日、27日、28日のうちのどこかになります。テレビでの放映はありません。インターネット中継と直接傍聴が可能です。

  詳しい日程が決まり次第 お知らせします。

 

  なお22日は代表質問でわが党から、かみね議員と馬場議員が質問に立ちます。  3時くらいからの予定です。こちらはテレビで放映されます!!

 写真は舞鶴生活と健康を守る会のみなさんと