2月3日  今日は朝7時すぎから南山城養護学校のスクールバスに密着

 

  南山城養護学校には9台のスクールバスがあり、毎朝200人をこえる児童生徒の通学の足として、また動く教室として大変重要な役割を担っています。

 朝6時過ぎには運転手さんが出勤。 早いバスは6時半頃に学校を出発します。 バス介助の先生も同乗します。

 

 7時20分になると学校の無線機が開局。無線は有志の先生方が交代で担当し、待機します。

 

 今日は上原議員と2人で城陽の「長井」という場所で最初の生徒を乗せて発車するバスの後に車をつけて、南山城養護学校まであとを追いかけました。

 

 途中何箇所かで子どもたちをのせて、学校に到着。 学校での迎え入れの様子も見せていただきました。

 

 途中、バスの通学路で他の車の事故があり、田辺近辺が大渋滞!!というハプニングもありました。(私たちの追いかけていたバスには大きな影響はありませんでしたが、バス介助の先生に連絡が入っていました。)

 バスの乗車時間が長くなりすぎると子どもによってはパニックを起こす子どももいて、緊張感が漂います。

 学校では校長先生が無線を持って走りまわっておられます。

 じゃまにならないように、うろうろしながら登校の様子を見学させていただきました。

 校長室で少しお話を伺った後、10時の議員団会議にむけて府庁まで車を走らせました。

 

 団会議のあとは、教職員組合に行って懇談。

 夕方は私学助成を担当する「文教課長」から予算案の聞き取りを行い、質問の準備にとりかかります。