7月13日  お久しぶりです!!  先日 6月25日 代表質問に立ちました

 

最初に大飯原発の再稼動について、府民や議会の意見も無視をして再稼動を「容認」した知事の姿勢を厳しく批判。その上で原発ゼロの立場に立って再生可能エネルギーの飛躍的普及を図るために、京都府の目標の設定も不十分だし、再生可能エネルギー導入の補助制度も家庭用にも創設すべきだと訴えました。

 

知事は「山内議員は念頭にはないようだが、・・・弱者の皆さんから非常に不安が寄せられている・・・」などと完全に居直り!!

 

原発事故があってから1年以上もたつというのに、原発の再稼動を前提にして何も対策をとってこなかった関西電力と国に責任があるのだ・・・と反論しましたが、そもそも昨年から台風などの影響で、京都市内でも地域によって4時間以上の停電が起こっています。

 

私たちは災害時の突発的な停電対策のために、人工呼吸器などを使用している在宅患者さんなどへの支援を京都府としてもっと積極的に行うべきだと、委員会でも何度も要求してきたのにです!!  あまりにもひどい答弁だったので怒りで声が震えていました。

 

質問が終わって議員団室に戻っても、「ぷんぷん」状態が続いていて、みんなからは「山内さんまだ怒ってる」といわれてしまいました。

 

質問と答弁の全文は、日本共産党京都府会議員団のホームページにのっています。

 

質問の録画中継は、京都府議会のホームページから見ることができます。